税理士に相談するとどんなメリットがあるの?

手間をかけずに相続税申告ができる

相続税の申告を税理士に相談することで、いろいろなメリットがあります。まず、手間がかかって大変な作業を税理士がほとんどやってくれることです。土地の評価や相続税について勉強するのは精神面での負担も大きく時間もかかりますが、税理士にお願いすれば相続人が行うのは印鑑証明書と戸籍の取得くらいです。
また、相続税についての知識が豊富な税理士に依頼すると、相続税額が安くなることもあります。評価額は税理士が計算しますが、経験があるほど評価額が下がるように努力します。評価額が下がることによって、相続税も大幅に抑えることが可能です。実務経験が豊富な税理士でなければ難しいことなので、信頼できるところを見つけましょう。

リスクを減らすことができる

税理士に相続税の申告を任せることによって、税務調査がなくなることがあるのも大きなメリットです。もし税務調査となった場合も、税理士が不利にならないようにしっかり対応します。申告書のミスなど、様々なリスクを減らすことができます。
また、相続税についての知識が豊富な税理士なら申告だけでなく、事前対策からアドバイスしてくれることが多いです。相続税対策のための生前贈与や生命保険を活用する方法などを早いうちからサポートしてくれます。このような対策を事前に行っておくことで、相続税の発生を抑えることが可能です。また、財産の全容も早いうちから把握することができるので、相続が発生した場合もスムーズに動けるようになります。